相続の問題で弁護士に支払う費用は妥当か

バナー

相続の問題で弁護士に支払う費用は妥当か

何か大きな問題が生じたとき法律事務所の扉を叩き、弁護士に問題内容を告げて問題解決へと進むことがあるでしょう。


近年になって多い、民事訴訟としてお金にまつわる問題が多いでしょう。

All Aboutに対して関心度が高まっています。

消費者金融への過払金返還請求や家賃滞納やそれに伴う差し押さえ、強制執行など、さらに近年では遺産相続の問題も多いです。
遺産相続で裁判にまで発展するケースでは、相続資産が1億円を超えるようなケースで、複数の法定相続人がいる場合、資産価値の高い土地や家屋、株や投資信託などの金融資産に金などの現物資産がある場合も揉めるでしょう。

法律事務所で依頼をすると、即座に弁護士が資産内容の算定を行います。


依頼する人の経済利益に応じ着手金、報酬が決められ、裁判の費用や、日当が求められます。

遺産相続に関する特集が満載です。

長期化することにより非常に負担が重くなるでしょう。



よく考えてみると、着手金とは、仕事に着手するための費用であり、この時点では、仕事を引き受けたというだけで、何も始まってはいません。また報酬の決め方も経済利益の金額に応じて変わり、複雑化すれば別途費用が請求されます。

しかも、切手代等の通信費もすべて依頼者が持ち、2名の弁護士でことの対処をすれば、弁護士費用は2人分請求されます。弁護士にかかる費用は他のビジネスに類を見ない特異なもので、かなり高く、無駄な費用と言えるため、相続問題が大きくならないように生前に司法書士や行政書などに公正証書遺言を作成してもらうと良いでしょう。